FIREムーブメントにのってみた

2018.2から不労所得生活。経営者→億り人→不労所得生活→労働者

MENU

そもそもFIREしたところで、やりたい事ないなら地獄だぞ

こんにちは

最近はFIREに憧れる人も多いと思います。

それは仕事から来るストレスやら、やりたい事があるとかやら、自由な時間が欲しいという人やらあれやこれやとあると思います。

 

ただ目的なくFIREに陥ると本当にやる事ない。

「それがいいじゃん」

という人達も多数いるのはわかりますが、マジでやる事が無さすぎて、やる気も無くなります。

メリハリは全くないんですね。

 

僕は息子の幼稚園の生活に合わせて生活しているだけで、朝早く起きるのは幼稚園の準備のためで、次男なんかは妻と出掛けたり、僕が世話したりと曖昧な感じなんですが、とにかく自由すぎてやる事がない上に、やる気が起きない。

 

先日は、短期間、実家に帰ったのですが、子供達は妻の実家で寝泊りして、僕は自分の実家に泊まったんですが、こうなると家事すらしなくていいので1日中スマホいじってました。

アマゾンプライムビデオ見たり、YouTubeみたり、適当にブログ漁ったり、Twitter見たり、多分1日中18時間ぐらいスマホいじってました。

 

おかげで眼精疲労からの肩こりからの腰痛からの神経痛みたいなよくわからんが体が異常をきたしてました。

これマジで月一ぐらいのペースでなります。

そうなると、風呂にゆっくり使って、マッサージ屋さん行ってあとは1日中寝まくって、蒸気でホっとアイマスクして、目薬さして、寝まくるしかないんです。

それで1日終わってしまった時の「なにやってんだ」感。

本当に生きている意味ねーな。て感じになります。

 

労働を正当化している訳じゃないんですが、やる事なさすぎるのは問題で、暇って本当に人類の敵だと思うんです。

人類は暇と常々戦ってきたんじゃないのか?て感じです。

子供の頃なら誰もが長期の休暇を取った事があると思いますが、夏休みの終盤なんかに、あー宿題も全部終わったし、友達とも沢山遊んだし、特にやる事ないな〜みたいな、感覚。

休みをやり尽くした感覚の残りの休みをずっと続けているような感覚。

わからないかな?とにかくする事も無ければ、やりたい事もないのがずっと続く感じ。

それに加えて漠然とした不安とちょくちょく戦う。

これでいいんか?金死ぬまでもつか?てな感じで。

やはり心身共に健康でいるには多少の労働という人生へのスパイスも大事かもしれません。

 

だって簡単に承認欲求やら満足させれそうだし、他人の為に自分頑張ってる感とか、人の役に立てた感とか、感謝とか要するに、世界に自分いていいよ。感を簡単に得られてしまうんですね。

だから、軽く仕事はした方がいいと思う派です。

まぁまだ働いてないんですが。

来月働いたら

「うわ。労働クソだるいな〜。荷物運びたかねーよ。車売ったろ。やめや!やめ!」

てなるかもしんない。ただ働くも働かないも自由に選択出来るのはFIRE出来ている特権かもしれないです。

この選択はよく考えたら凄いな。

 

働くか働かないか選べるって1番じゃないか?

最高の贅沢だよな〜。