社長やめた男のリタイアブログ

2018.2から不労所得生活。余生開始!投資、コンサル、経営、子育て、夫婦など

MENU

暇と戦うリタイア生活の中、ふと湧き上がる労働意欲

こんにちな

暇だ暇だ詐欺してます。

リタイア生活中ふとした時に暇だな〜て思うんですが、重い腰が上がりません。

ふと労働意欲が湧いたりするんですが、それも束の間で、1時間もてばいいんではないでしょうか?なーんもやる気が起きません。

僕は夏休みの宿題とかも最終日もしくはやらないとマジで怒られるものと、「わぁ〜忘れちゃった。」と猿芝居すれば許されるものと目利きが昔から出来たせいで追い込まれないとやらない、追い込まれてもやらない、要領よくサボる癖がついてしまいました。

大人になって一時的にはガムシャラに結果を求めて働いて結果を出したことはあるんですが、元々サボりグセが強い自分ですから、相当精神を追い込んでいたのだと気付き、張り詰めた糸がプツンっと切れてしまったようです。

 

一度、ダーと仕事して一財築いてしまうとなんかやる気が出ないんですね。

ちょくちょく考えたりもしますが、結局はまぁいいか。となります。

例えば、「あんたは曲がりなりにも元経営者なんだからその経験を活かして何か始めたらいいやないか?」とよく言われたりするんですが、全くやる気になりません。

経営者ってストレス半端ないからね。

人雇ったりすると疲れるからね。

その雇ってる期間はその人の人生預かってんだからね?人の人生をそもそも預かるとか面倒を見るのって中々疲れると思いませんか?

その人の生活費は会社にかかってるわけじゃないんですか?生活費を稼ぎ出さないといけないんですよね。

それで切磋琢磨して、影で、搾取だの、給料上げろ、だの言われたら嫌になっちゃうよね?

まぁ僕は多分言われたことないんですが、もしくは気付いてないだけかもしれませんが、SNSでよく見かけるので。さらさらやる気がない。

 

とは言え何か頑張ってる人を見ると俺も!とか無いわけではなくてという常にフワフワしている気持ちがあります。

やるなら1人で月数万円稼ぐ程度に何かをすると思う。フワフワが収まってやる気スイッチ入ったら。入らなかったらまぁそれも人生ということです。

ただ暇だ暇だとは言うものの子供と遊んでいたり、飯作ったり、家事こなしたりしていると、あれ?もう夕方?てなるんですよね。

あっという間ですね。

スマホなんかいじってると最近は長男に

「もうおしまい!」とか言ってスマホ叩き落とされたりしますから。

 

結局ダラけ切れるうちはダラけ切るしかないのか。

自分は追い込まれる、資産が明らかに目減りするか、無くなるかとかその辺くらいまでいかないと、やる気が湧き上がらないのかもしれない。

贅沢ですね〜

この贅沢を満喫するために今まで寝るまも惜しんでやってきたのかもしれませんね。

僕は恵まれている方だったので頑張れば努力すれば報われるような環境にいれたので運いいな〜て思います。

運がいいって言う一言で済ますな!なんて思われるかもしれないんですが、運ぐらい引き寄せられない程度ではダメだと思うんですね。

そんなフワフワした日常をこれからも送っていきたないな〜