社長やめた男のリタイアブログ

2018.2から不労所得生活。余生開始!投資、コンサル、経営、子育て、夫婦など

MENU

顔面痛くて何もする気がおきない何ともいえない気持ち

こんにちはヤメ王です。

今、風邪からの鼻づまりで蓄膿になってしまい考える事や何かすることが出来ないの日記を書きます

 

f:id:ty0513:20180928132116p:image

蓄膿になりました

3日前から顎の関節が痛いな〜なんて思ってたんですが風邪も相まって全ての症状が風邪なんだろうな〜。と思ってました。

朝起きると頬骨が痛く、あ〜これは前にもあったな〜なんて考えていた朝の3時に。

痛すぎて目覚めてしまった。

息子をインターナショナルスクールに送った後に耳鼻科に行った。

そういえば皮膚科と耳鼻科は人気で待ち時間が長い気がする。内科はすんなり案内されるのに。

 

耳鼻科に事前予約を入れていたが、1時間ほどかかって、レントゲンを撮り、その写真を先生と一緒に見て説明を受けた。

前にも蓄膿になったことがある。診察記録からすると2年半前だった。

写真を先生と見ていると白いガイコツが映し出された。

健康だと目の少しした、鼻の所に空洞があり黒く映るはずだが僕の真っ白だった。

2年半前は右側で今回は両側。

右側が完治しなかったままになっていたのか、今回の風邪でそうなってしまったかは分からないと言われ1週間分の抗生物質と痛み止めを出してくれることになった。

薬を貰い家に帰ると妻は友達とランチに行くらしく僕の昼ご飯が用意されていた。

とんかつだった。

おかげで飯を食べる前に痛み止めを飲むことになった。

暫くして効いてきた。口を開けても頬骨も痛まなくなっていた。

とんかつも冷めていて、丁寧に米までよそってあったから米も冷たくなっていた。

この冷たいとんかつ定食が美味しく感じた。

リタイア生活でありがたいのは体調不良でも特に誰も困らないということだ。

寂しいようでありがたい

 

暇つぶしにインスタなんかを開くと同級生が働き盛りと言わんばかりに店の広告を投稿したり、仕事の成果を投稿したり、取材、撮影、など、とてもキラキラしていて眩しいからツイッターに逃げた。

ツイッターでは友達とは繋がってない。

こちらは社会への不満、不安、仕組みへの愚痴、成功者やインフルエンサーに賛同しているワナビーばかりでおこぼれを貰おうと頑張っているように見えた。

会社で頭を下げたくないとか、媚びるのが嫌だとか言ってた人達がフォロワーの多い人達に今日も媚びたりしてネット上で頭を下げているように見えた。

病気の時は寝るのが1番だということをSNSは遠回しに教えてくれたかもしれない。

息子が帰ってきて少し遊んで一緒に風呂に入った。

妻がもう臨月に近く来月にはもう1人が産まれてくる。

息子と風呂に浸かりながら嬉しさと切なさが混じりあった感情に浸ってしまった。

きっと来月からは息子が独り占めしてきた両親の愛情を兄弟と分け合わないといけないと息子の立場になって考えると切なくなる。

親の立場で考えるともう1人こんなに可愛い子供が増えると考えると嬉しくてたまらなく楽しみで仕方がない。

今まで生きたいとか死にたいとか両方に強い気持ちを持った事はないが、息子と来月生まれてくるもう1人とが成人するぐらいまでは生きていたいなと最近思うようになったのはいい事だ。

僕は生きようと思う。蓄膿も治して。