社長やめた男のリタイアブログ

2018.2から不労所得生活。余生開始!投資、コンサル、経営、子育て、夫婦など

MENU

美容師の話はつまらなくていい?実際につまらない

こんにちはヤメ王です。

美容院に行って担当美容師がお喋りだと疲れませんか?そんなお話です。

 

 

美容師の話がつまらない

 

f:id:ty0513:20180926141543p:image

つまらなくていい?

美容院に行って初めましての美容師やいつも担当してくれている美容師の話がつまらないという事ありませんか?

元美容師からしてハッキリ言うとつまらなくていい!と思っています。

 

何故なら、接客が得意な人は適当に話しても面白かったり、人の心を掴むのが上手かったり自然と話しているとお客さんとの距離が勝手に縮みます。

 

では、得意でない人はどうでしょう?

得意でもない人が無理して話したり、空回りしたりなどしても逆にお客さんが気を使ったり、気に触れることなどがあります。

聞かれた事だけ明確に答える!

余分な事は言わない。

これでいいと思います。

 

勘違い美容師にならない

美容師にもイケイケの人もいれば、大人しい人もいます。

時に、イケイケの美容師に憧れて大人しい人が真似て接客したり、勘違いしたような行動をとることがあります。

めちゃくちゃダサくて自分らしくなくてきっとお客さんもイメージと違う嫌な人がついたなと離れてしまう事もあります。

美容師としてはこれは1番免れたい事ではありますが、1番この勘違いを起こしやすい時期というのが、スタイリスト1、2年目という若手の時です。

 

若手時代は謙虚にいく

若手で自信なさげに見えてしまうのは仕方がない事です。

これは慣れや経験などで培うもので、一夜一朝で着くようなものではありません。

この若手時代に勘違いしてイケイケでしょ?とやられても技術と雰囲気と実力が揃ってなく不快に思うお客さんも沢山出てきてしまいます。

唯一の新規のお客さんだけはそれを知らないのでこういう人なんだ。とリピートしてくれる可能性も出てきますが、後々調べたり、通うごとに深まる不信感などで結局離れてしまうなどがあります。

 

 

つまらないならつまらないでいいから

つまらないならつまらないで無理しなくていいと言う事がお客さんの本音だと思います。

つまらないから無理して場を温めようと空回りしてイケイケでくるなら、落ち着くような雰囲気を出してくれたり、癒されるような雰囲気を出してくれたりした方が嬉しいに決まってます。

無理してイケイケな美容師を演じなくても、つまらないならつまらないで自分らしい接客をしてくれた方がお客さんもいいですし、自分も自然体で過ごせていいと思います。

 

今回は話のつまらない美容師はそのままでいい!というお話でした。

勿論、美容師としての知識やお客さんの疑問には答えられるぐらいの知識は欲しいですね。