社長やめた男のリタイアブログ

2018.2から不労所得生活。余生開始!投資、コンサル、経営、子育て、夫婦など

MENU

短期集中で結果出したい人に合う商売

こんにちはヤメ王です。

短期集中型で持続性がない私ですが、そんな方自分以外にいらっしゃいますか?

 

 

短期集中型

 

f:id:ty0513:20180924083942p:image

短期集中の飽き性は貯まる系の仕事をする

自分は根っからの飽き性なので短期集中で結果が出るような仕事が向いているのでは?と何回も思っていました。

長期目線の仕事計画が苦手でして、やるぞ!と思ったらすぐに動けるような事をしたいタイプです。

アプリゲームなどでは最初にダウンロードして数日間やり込んで上位にいって満足して辞めてしまうなどそんな感じでガーッとやって頭の中がそれだけになってひと段落すると辞めてしまいます。

結果が出ようが出まいが辞めてしまいます。

これが悪いところだな〜と自分でも思っていますが、貯まる系の仕事と言いましたが、ストック型の商売なら良いのではないか?と最近思い付いたわけです。

というわけで最近はブログに注力を注いでいるわけなんですが、ブログって短期集中でガーっと書いても反映されるのってずっと先だったりされなかったりな事があると思います。

ただ短期集中の人ってとにかく作業量をこなしたいと今現在思っていたり、頭の中がその事で一杯になり、何もかも放っておいてそれに注力してしまうとかあると思うんですね。

ストック型だと今まで自分がしてきた事がドンドンと貯まっていくんですね。

それが有難いというか無くならないという事が嬉しいですね。

普通の労働の場合は労働力を売りにしているので短期で集中して1日12時間働いたりしても、12時間働いたという結果だけで、これといって残るものではないと思うんですね。

技術やら精神やらやり方やら目に見えないものや知恵は残ると思いますが、それ自体がお金を生んでくれるものではないと思うんです。

ブログやYouTubeのように一斉に色んな人が消費出来、尚且つ自分のやった事が残っていくとなると短期集中で飽きたとしても今後はお金を稼いできてくれるの可能性を秘めています。

労働は辞めてしまったら、お金を稼いできてはくれません。

現に自分は1年間ブログをやって飽きてしまい、半年以上放置したのちに今また再開しています。

この放置していた期間もブログはお金を稼いできてくれました。

それは本当にありがたいことです。

 

 

短期集中型は起業して事業売却

例えば、起業などをしてお店を軌道に乗せるまで短期集中で結果を出します。

短期かどうかは人によってになってしまいますが、その結果事業売却をし、更に別のものへと行くという事を繰り返してみてはどうだろう?と考えています。

実際に自分は事業売却をしてきました。

今年に入ってからはメインである事業を後継の者にいい形で譲渡することができました。

短期集中で結果を出し、次の者にバトンタッチするのはいいのではないでしょうか?

どちらにとってもwin-winな事だと思います。

 

人生は長いんだよな〜

どんだけ短期集中でやってきても息切れしたり、飽きたりと考えたり悩んだり、立ち止まったりと色々な事でふと我に帰る事があるんですが、人生は長い!と思います。

どれだけ、短期集中で結果を出してもまだまだ先に人生はあるのであまり肩に力を入れずにやっていきたいですね。

常に動きたいと思った時に動けるような自分であり続けれたら短期集中だとか長期計画だとかを関係なく今を生きていけると思うんですね。

さっきまで短期集中を推していたんですが、人生の長さには中々勝てはしないですね。

世の中の短期集中型の方は共に頑張りましょう!