社長やめた男のリタイアブログ

2018.2から不労所得生活。余生開始!投資、コンサル、経営、子育て、夫婦など

MENU

女性で起業したいけどネタがない人。もし自分が女性なら何をするか。

こんにちはヤメ王です。

女性で起業したいけどネタがない、お金を稼ぎたいけど何したらいいかわからないという人へ自分がもし女性ならこれをするって思い付きの話をします。

 

 

 

女性を活かす

f:id:ty0513:20180922122042p:image

女性という性別を活かして自分ならメンズエステサロンを開きたい!と思います。

みなさんが想像するようなメンズエステの場合、高級なエステマシーンや脱毛器具などが沢山置いてあるようなエステ店を想像していると思いますが、僕がオススメしているのはマンションタイプのメンズエステサロンです。

 

マンションタイプ?と聞くと何やら怪しい雰囲気に聞こえそうですが、そうでもなく健全なエステになります。

 

ただ諸経費やランニングコストが低くてとてもハードルが低くていいなーといった感想です。

 

もし、今後スタッフを雇う気がないなら1ルームで家賃を抑える事も出来ますし、雇うなら3LDKぐらいの大きさを借りたらいいのでそこは自分の判断です。

 

家賃、オイルマッサージ用オイル、紙パンツ、タオル、洗濯機、布団、サイト掲載料で出来てしまいます。

 

安い所なら50万以内で出来てしまうんではないでしょうか?

 

開業までの期間

開業までにマッサージの技術を覚えなくてはいけないので研修といった形で他店での求人に応募して一連の流れや技術を丸パクリします。

ただオープンの際に近隣に出すとモメる原因や嫌がらせを受ける原因になってしまうので常識の範囲内で迷惑のかからないところでオープンしましょう。

でないと、業界自体が狭いので色々と面倒臭い事になりかねません。

 

開業したら

まず、自分で売上を上げます。

一度の施術で90分15,000円と結構いい価格を取れるので1日に3人接客するだけで45,000円になります。

勿論、自分のお店なのでランニングコストを抜いた額が全て自分の利益になります。

自分の1人でやる場合は責任は全て自分になるのでヒマな時は適当に過ごし、忙しい時は稼ぎまくると色々と自分で調節する事が出来ます。

ただ電話での予約のみになると、施術中にどうしても出なきゃいけない場合が出てしまうのでラインなどの予約を使うといいかもしれません。

 

 

更に経費を浮かしたい場合

経費を浮かしたい場合は店舗自体に住んでしまうのもいいかもしれません。

さすがに、1ルームではキツイですが、一部屋施術用にして、もう一部屋は自分の部屋と分けて、鍵を閉める必要と友達をあまり呼ばなくなってしまうなど、色々なリスクを追う事になってしまうが…。

繁華街にある中国人マッサージなどはこの手法でやっています。

店舗に住みながらも24時間受付という形ですね。

女性なのであまりオススメは出来ませんがどうしても稼がないといけないという理由があるなら経費を抑える事が出来ます。

 

最後に

自分の身は自分で守らないといけないので1人でも開業はやはり少し危険かもしれませんね。

やってもいいと思いますが、1人だけでやっているなどの情報をお客さんに漏らさないことと、架空出勤を使って女の子があたかも出勤しているように見せる。

男性スタッフがいるような事を伝えたりなどハッタリでも何でも自分の身を守らないといけません。

 

*必ず稼げるといったものの紹介ではありません。あくまで個人的な考えであり、どんな仕事も楽して稼げるという事はないと思って下さい。