社長やめた男のブログ

2018.2から不労所得生活。余生開始!投資、コンサル、経営、子育て、夫婦など

MENU

余生を始めました。30代前半でアーリーリタイアです。

こんにちは山田です。

 

 

労働意欲

 

不労所得生活を始めて半年が経ちました

日に日に波はあるものも労働意欲が徐々に目減りしているように感じます。

波があるというのはアマゾンプライムなどで映画を見たり、知人の成功体験やお金儲けの話を聞いた時に

「お!俺もやりたいな〜」

なんて影響されるような事もあります。

ただそれだけなんですね。

実際軽くは影響を受けるんですが、よし!といざ動こうとまではならないのが現状です。

理由を自分なりに考えてみたんですが、月に満遍なく振り込まれるお金が原因ではないでしょうか。

やろうと思うとお金が振り込まれ、まっいっかとなってしまいます。

結局労働の対価に金を置いているのが原因ではないでしょうか。

きっとやりたい事など情熱を燃やせるようなものに出会えば金に目をくらます事なくガーっとやると思うんですが、全くその気がおきません。

やはり自分はなんだかんだで拝金主義なところがあるのかと思います。

多くの方がお金で悩みを抱えていると思いますが、僕はそれをクリアしてしまった時点で人生でのハードルが下がりました。

これは大金を稼いでいるからとかではなく、生活に対して然程お金がかからない事に気付いたからです。

無職は本当にお金を使わない

外に出る事も用事がなければ出ないですし、趣味もないので安価で見れる映画ドラマを消費しています。

それで人生楽しいのか?もっとやる事あるんでは?

と思われる方もいると思います。

自分も思っていました。

ただ20代にしたい事はやりきってしまった気がします。

志が低かったのもありますが、自分で会社を経営し、後続者を育てる事も成功し、7年間黒字経営でこれ以上続けても一緒かな〜と。

今これといってやりたいな〜なんて想えるようなものがまだ見つかっておりません。

 

なのでタイトルも「余生するぞ!」に本日変えてしまいました。

人生を諦めたわけではなくて、余生と思い生きていこうかなと。

妻子もいるのに何を言っているんだ。と思う方もいると思いますが生活に困窮しているわけではないのでなんとかなります。

もし労働しなくては生活出来ないようになってしまった場合は勿論します。

ただ現在は自分でコントロール出来る範囲での悩みはないので、ぼーっと生きていく所存でございます。

これからはただの日記になってしまう可能性がありますが、よろしくお願い申し上げます。