社長やめた男のブログ

2018.2から不労所得生活。余生開始!投資、コンサル、経営、子育て、夫婦など

MENU

投資家からお金を出資してもらうためにすること、下準備、心構え

こんにちわ

山田です

 

 今回は起業しようと思っているけどお金がない、とか、やりたいことあるけど形に出来ない。なんて人のために少しアドバイスが出来たらなと思いまして。

 

事業をわかりやすく

まず人にプレゼンする前にある程度、話をまとめておきましょう。

たくさんのアイデアや考えがあるのはわかりますが、全てを伝えようとして、結局何を言いたいのか分からなくなる、もしくは、相手に伝わらない。

自分1人でやるなら周りや理解出来る人だけでいいんですが、そうではないなら相手に伝わらないと話すら出来ません。

f:id:ty0513:20180515123753p:image

ツイッターでも呟いたんですが

よく分からないものには基本手を出さないのが投資家です。

簡潔に自分の事業の魅力を伝えれると仕事出来そうだな。て印象を勝ち取れます。

 

興味を持ってもらわなきゃ話にならない

起業して自分だけが幸せになるんじゃない。

起業してやはり最初は自分の幸せを考える人が多いと思います。

人の事なんか気にかからないほど夢中、没頭出来るのはとても良い事だと思います。

ならば自己資金でやるべきです。

まずは投資家と起業家とwin-winの関係を取れるように心掛けて下さい。

f:id:ty0513:20180515124205p:image

難しいところがその投資家が知り過ぎている事も詰まらないと感じてしまう事もあります。

自分に興味を持ってもらうにはまずは相手に興味を持たないと気を惹くことはありません。

 

 

個人の場合自己ブランディングが定まってない状態で接すると不信感しかない

 

個人で稼ぐ、個人としてのブランド力を高めて生きていくなど最近では評価、価値、情報資産で生きていける方々も増えています。

YouTuberやらブロガー、先進的な事が好きな人やら色々とですね。

凄くブレブレの状態で

「俺面白いからさー!金出せや!」

と絡まれても

「何だろ?」

と当然の事ながらなってしまいます。

実際DMを頂いたんですが、面白くもないし、最近話題のプロ奢ラレヤーさんの2番煎じよりもっと酷い方でした。

率直に不信感、不快感しか与えられませんでした。

なので自己ブランディングをしっかりしてないと話すら聞いてもらえずただ嫌われるだけなので気を付けて下さい。

 

数々の方から応募がありました

ツイッターで僕は

「面白い事してくれる人にはお金を出す」

と言ってたんですが、僕の考える面白いって別に世界を変える発明とか、先進的な事とかではなくて、

普通に「誰かしらの居場所作り」が出来る方なんです。

f:id:ty0513:20180515130320p:image

そういうステキな場所を作れる方、やりたい方を探していたんですがそう簡単には見つかりませんね。

これからもツイッターなどsnsで呼びかけていきたいと思います。