社長やめた男のブログ

2018.2から不労所得生活。余生開始!投資、コンサル、経営、子育て、夫婦など

MENU

ブラック企業よりも中学校の部活の方がブラックだった話

こんにちは

TTK (@ttk2sadako) | Twitter

です。

 

 

 

部活の方がブラック

 

最近聞くブラック企業の話より中学校の部活の方がめちゃブラックなんじゃないのか?と。

僕は野球部に入っていたんですが、1、2年の時はブラックを越えていたんじゃないかな?と思います。

現在では信じられんぐらいではないでしょうか。

田舎すぎたのがいけなかったのか。

 

朝練習

朝練習といって学校が始まる前に練習を毎日します。

ちなみに校門が7時10分ぐらいに開くんですが、1年は来た順に並んで校門で先輩に挨拶します。

先輩が通った後に7時半ぐらいに部室にダッシュして練習の準備をします。

何故来た順に並ぶかというと1番最後に来た1年は先輩からの可愛がりがあるからです。

なので1年は可愛がれたくないから、6時ぐらいから並んでる人もいました。

しかも、学校のある日、テスト週間以外は毎日です。

 

ちなみに1年の朝練習は先輩達が気持ちよく練習出来るように準備して、その後は横一列に並んで校歌を大声で歌っています。

声が小さくないか1人の先輩が何故か看守役でいます。

先輩が声が小さいと思った場合と機嫌が悪い場合と気に入らない後輩には歌っている最中にビンタか腹パンをされ、更に先輩がムカついた場合は朝練後の可愛がりメンバーに加入されます。

 

可愛がり内容は、他の部活の人達の前で大声で運動場に響くように下ネタを言わされる、野球部の部室なのに何故かある竹刀で殴られる、先輩が身につけた柔道技をかけられる、シンプルに殴られる、肩パン勝負と言って一方的に肩パンされる。

などなど先輩の気分でこのようなメニューを回される感じです。

勿論上記を何個選ぶかは先輩の気分次第です。

何故僕が知っているかというとお察しどおりです。

僕は可愛がりのレギュラーを獲得した数少ない1年だったからです。

 

先輩絶対主義

先輩絶対主義という部活でしたので、グランド整備、先輩達のグローブなどの個人的な道具も1年が手入れ準備します。

グローブの油塗る作業も家に持ち帰り自腹もしくは親に買ってもらったもので磨きあげます。

先生が練習中に休憩と言っても先輩が

「今日声出てなかった1年は運動場走っておけ!」

と言われ水分補給もさせて貰えずに、ずぅっと運動場を走っていました。

夏場はキツかったですね。

なのでトイレに行き手洗い場の水をガブ飲みしたりしてました。

厄介なのが、練習中に先輩が帰ってしまうこと。

これは大体の理由が

「1年が声出さないから。」

勿論、出してない訳ではないんですが、先輩が機嫌悪くなると聴力が下がる体質のようです。

帰宅の準備をしようと部室に帰る先輩に1年全員で

「本当にすいませんでした!」

と何回も謝り、先輩のお情けで

「お前ら本当にやる気あんのか?」

という言葉が出るまで謝り続けます。

これが毎回帰る人がエースだから困るんです。

エースがいないと先輩チーム全体が不機嫌になるので。

不機嫌になると理不尽に飛んでくるビンタの数が増えます。

勿論それを知ってやっていると思いますが。

 

先輩に携帯電話が見つかるとメモリーに入っている女性全員に一斉に告られる。

先輩が勝手に作ったメール文をクラスメイト、同級生などに一斉送信される。

ちなみに勿論先輩が送ったとは言ってはいけない。

そこは自分のボキャブラリーが活かされる所です。

謎の坊主にしてこい!宣言。

学校行事で事あるごとに

「今度の縄跳び大会でベリだったクラスの奴ら全員坊主な!」

とか言われちゃいます。

全クラスいたので必ず坊主になる1年が出てきます。

先輩が狙っている僕らの同級生は接近禁止命令が出る。

同級生で可愛い子は基本先輩と付き合うんですが、先輩が目を付けた場合近寄るのも喋るのも必要最低限です。

見つかるとヤバイ事になります。

ちなみに、先輩は振られてしまったんですが、その同級生は気が利かないので振る理由を

「野球部の〇〇が好きだから」

と言ってしまった為、その〇〇君は先輩の可愛がりの対象になりました。

可愛がりの嫌な所は部活だけではなく普段の学校生活にも大きく影響を及ぼす事です。

ヤンキーの先輩が多かった野球部は授業中でも先輩が見にきます。

ちなみに〇〇君は、先輩に目を付けられて体育の時間にジャージのズボンを胸ぐらいの高さまで無理矢理上げられて

「このまま上げとけ!」

と言い、体育の時間見張ってました。

〇〇君が走る度に

「下がってんぞ!!」

と先輩のヤジが飛んできます。

体育がおわると何故か肩パンされたり、蹴りいれられたりなど。

先輩が飽きるまでやられます。

身なりに厳しい先輩達は当時腰パンと言って、ズボンをお尻の下ぐらいで履くのが流行っていたのでそれをしている人は可愛がり、制服のボタンを開けていると可愛がり、ワックスつけていると可愛がり、眉毛剃っていると可愛がりと。

とても身なりに厳しかったです。

先輩はほとんど改造制服、眉毛全剃り、極細、剃り込み、ツーブロックなどでしたが。

1年は襟足を伸ばす事すらままなりませんでした。

ヤンキーの先輩で授業は出ないけど部活は出るみたいなクソスポーツマンシップな先輩もいました。

いい迷惑でした。

 

先生も慣れ過ぎてそれが当たり前

先生も全然注意とかしないんですね。

もうそれが当たり前というか、歴代続いてきたもんだから見慣れているのか、1年は先輩からの可愛がりや嫌がらせは当たり前など思っているようでして。

ちなみに、部活に来なくなった僕達の代は1人だけだった気がします。

先生も威厳を保つ為、護身の為、あんまり注意とかしないんですね。

1年生の前でヤンキーに胸ぐら掴まれたら、ずっと生徒に舐められてしまいますからね。

 

ちなみに

強豪校のような練習風景ですが、全く強くなかったんですね。

そりゃそうですよ。

野球の技術面より声出しと先輩のご機嫌とりが部活内容ですから!

まともに練習出来るようになるには、2年の夏から3年の夏の1年間の自分たちの代が回ってくるまで無いんですから。

1年は新しい道具買うと先輩が先に使います。

運が悪ければ捨てられます。

僕はグローブ捨てられました。

どうでしょう?

ブラックでしょうか?

ちなみにこの体勢は僕らの代で変わり廃れました。

僕らの代のキャプテンは素晴らしいと思いますよ。