貞子の孫

雑記。思ったこと。経験したこと。良かったもの。

MENU

日本のハワイ「熱海」と本物のハワイ「ホノルル」比べてみた

今40から70歳ぐらいの人達から日本のハワイと呼ばれていた熱海に行ってきました。

 

 

 

熱海駅VSダニエルKイノウエ国際空港

熱海駅

f:id:ty0513:20170629103134j:image

駅はまだ新しい感じがしました。

設備も整っていて、エレベーターも早い!

着いた時に思った事は年配の方多すぎ!!

駅を出るとすぐウェルカム足湯があり、サービス満点でした!

誰でも入れます!

ちなみに入ってません。

 

ダニエルKイノウエ国際空港

f:id:ty0513:20170629103846p:image

 改装したはずですが、エレベーターが使えなかったり、毎日沢山の観光客が来るのでおもてなしは感じられない。

まさに流れ作業。

勿論外に出るまでに手続きなどで時間をとってしまう。

空港内は少しジメジメしている。

 

熱海の勝利といえましょう。

 

旅館「ふふ」VSヒルトングランドハイランダーホテル

 

ふふ

f:id:ty0513:20170629104238p:image

熱海では有名らしいです。

実際に街に繰り出して、男2人で泊まってると言うと地元民からしたら

「え?なんで?同性愛なの?」

的な事を言われました。笑

芸能人、財界人がお忍びで泊まるような高級旅館だそうです。

女性を連れていくと喜ばれる旅館だそうで、男2人で泊まるような所ではないということです。

確かにシャワールームはガラス張りでスケスケで露天風呂付き、ちなみにラブホみたいにスタッフと顔を合わさずに受け取りボックスが設置してあり、熱海内ならどこにでも無料で送迎してくれる。

チェックイン時にお迎えを頼んだら、レクサスで迎えに来てくれて、おしぼりと水をくれました。

このおもてなしは初めてなのでビックリしました。

 

ヒルトングランドハイランダーホテル

f:id:ty0513:20170629104844p:image

勿論送迎はないです。

空港出て、チャーリータクシーを自分で手配し、日本円で3000円ぐらい払います。

チェックインまでの無料のお荷物お預かりサービスは凄く助かりました。

海外特有の時間のルーズさが目立ちます。

ちょっと待ってて!て当たり前に待たされる。

 

 

観光

熱海の観光は特にない。

これは本当で地元の人に聞いた時も

「温泉に浸かってのんびりする場所」

って力強くおっしゃってました。

僕たちは個人的に秘宝館にいってきました。

f:id:ty0513:20170629151429j:image

今までは全国あちこちにありましたが、今では熱海にしかないので楽しめます。

当時最先端の技術をそのまま残してあるのでレトロ感が留まりません。

 

と、夕飯を旅館で頼まなかったので、地元で美味しいと話題の居酒屋さんにいってきました。

伊八

f:id:ty0513:20170629150853j:image

f:id:ty0513:20170629150913j:image

 

めちゃくちゃ美味しかったです。

翌朝は旅館の朝食

f:id:ty0513:20170629151031j:image

翌日の昼ご飯は、

f:id:ty0513:20170629151000j:image

熱海の飲食の方にお話を聞いてみたら、海の近くだから魚介が有名かと思っていましたが、仕入れは東京の築地だそうです。

お話を聞いた店舗だけかもしれませんが。

 

ハワイの観光はありすぎるので省きます。

 

まとめ

 ハワイはハワイでいいところがあり、熱海には熱海の良さがあり、両方いい!

また「ハワイ行きたいなー。」と思いますが、熱海は「おー。久しぶりに帰ってきたな。」

という感覚です。

f:id:ty0513:20170629151940p:image

(左は友人、右はラーメン屋のお母さん)

熱海では素敵な出会いがあり、ラーメン屋のママに逆ナンパされ、70歳のママが1人でやっているスナックにお邪魔させてもらいました。

2つのスナックに行かせて貰いましたが、ママが70歳超えてめちゃくちゃ元気でした。

沢山のお話を聞かせて貰いました。

逆に僕らが元気を貰えました。

こういう一期一会がある旅は面白いし、勉強になりますね!