社長だけど聞いてください

雑記。思ったこと。経験したこと。良かったもの。

MENU

淡々と過ぎて行く日々に嫌になる人へ

淡々と過ぎて行く日々に嫌になることはないんです。

 

 

 

日々変わらずに過ぎて行く

f:id:ty0513:20170616063627j:image

淡々と過ぎて行く日々に嫌になる人はいますか?

今はSNSなどで簡単に他人の情報を得る事が出来ます。

簡単に情報を得られるがために

「あー私はこのままでいいのかな?」

「みんな頑張ってるな。」

「私ももっと人生楽しみたい!」

「もっと充実した日々を送りたい!」

なんて思ってしまうんではないでしょうか?

良いんです。

あなたはあなたです。

無理して変わる必要はないんです。

幸せ、充実って他人と比べるものですか?

いいえ。違います。

あなた自身が決める事です。

他人と比べて、充実していない、幸せではないと思っていませんか?

〇〇さんは〇〇買って

いいなー。

なんて思ってませんか?

人と比べるようではいつまで経っても幸せにはなれません。

何故かと言うと、あなたの中での幸せの基準が決まってないからです。

自分がこれをしていて幸せ。

これさえあれば幸せという自分の中での幸せを見つけれてない限りは幸せを感じる事は出来ません。

 

 

良いことも悪いことも

良いことも、悪いことも起きない方がいいんですね。

何故かと言うと起きた事に人間は執着してしまうからです。

良い事でも起きたのなら、あなたは数年先もあの時にこんな良い事があった。

と過去に囚われてしまう事でしょう。

悪いことも同じです。

何年も引きずって生きて行くことはとても辛い事です。

よく同窓会などで、過去の栄光に花を咲かす方がいます。

久しぶりに会って過去の栄光に囚われている方を見ると悲しくなります。

みんな過去を生きる事は出来ません。

全ての人間は今しか生きる事が出来ないのです。

今という時間しか生きられないのに過去に執着しているということは、今を生きていると言えるでしょうか?

その過去があるから今があるという話ならまだしも、大抵の方は

「学生の頃が1番面白かったなー!」

なんて台詞を吐いてしまいます。

過去に囚われて今を学生の頃より面白くしようと努力していないという事がわかります。

 

淡々と過ぎていく

過去に囚われている人は過去にそれだけ良い事、悪い事があったと思います。

ただそれだけではインパクトがあると、なかなか今という現状に満足いかないのかもしれません。

過去に執着してしまうかもしれません。

そうなると淡々と過ぎて行く日々は幸せなのかもしれません。

良い事も悪い事も起きない方が1番良い事なんです。

安定した日々が送れているという事です。

日々安定した心で送れている事は実は1番の幸せなのかもしれません。

無理して変わろうとすると、人はどこかでしわ寄せがきます。

元々騒ぐ事が好きでない人が、リア充に憧れて無理してついていくと疲れてしまうと思います。

無理して変わろうとせずに、自分を好きになってあげる事が大事だと思います。

 

まとめ

今淡々と過ぎていく日々を悲観する必要はありません。

自分の中での幸せをしっかりと見つける事が大事です。

刺激的な毎日を送りたいと思っている方はもう既に動いていると思います。

「刺激的な毎日送りたいなー」

なんて言葉を発する前に動いていると思うのでここでは

本当は毎日に満足しているけど、ただ周りと比べていいのかなー?

と迷っている方へのメッセージとさせてもらいます。

毎日を気楽に生きましょう。