社長だけど聞いてください

雑記。思ったこと。経験したこと。良かったもの。

MENU

鶴の恩返しにあった話。

みんなコスパとかに拘り持ちすぎじゃない?

凄い損する事を嫌うよね?

数年前のお話なんですが。

 

友達が居候

僕が多忙を極めていた社会人のサラリーマン時代。

友人をAにする。

Aは美容師で前の職場を辞めてすぐだった。

辞めたのには理由があって

「ロンドンで働いてみたい。」

だからその為に時給の高い所でアルバイトしながらお金を貯めたいという。

なぜイギリスかというと、音楽好き、ロック大好きが相まってイギリスのロンドンで学びたかったんだと思う。

あと、サスーンカットという今の美容師の基本のカットを開発したのがヴィダル・サスーン

そのヴィダル・サスーンの故郷もイギリスだとかの理由で。

理由とかよりも目標がある人の背中を押してあげたいという気持ちは強かったし、友達を大事にするタイプなので。

小学生の時にイジメられて、友達が少なかったという事もあったからだと思う。

僕は友達をとことん甘やかすタイプだ。

その友達がイギリスに行くまでの間にお金を貯めたいから、居候させて欲しいと言ってきたので、軽く

「いいよ。」

と返事をした。

この時の僕は多忙を極めていたと言ったが、けっこう働いていた。

365日連勤の1日20時間働いていた。

休みという日は10時間の仕事しかしなくていい日だった。

定時って言葉を知らない。

巷で少しの残業でブラック!ブラック!て言っている人もいるけど、大した事ないと思っていた。

給料が出ないならモチベーションは保てないと思うけど、僕の場合は完全歩合制だったので余裕で出来た。

むしろこのままダラダラ働くのなら短期集中で儲けて、独立したいと意識高く働いていた。

金銭的にも余裕があったから受け入れたという事もある。

 

ストレスは勿論ある

Aには家賃、光熱費、電気代、食費払わなくていいという一切お金を貰わない条件で住んでもらった。

これは僕がもしAに対して折半やら、金銭を要求して、相手が延滞した時に僕がストレスを感じると思っていたので最初から潔く無しにしてもらった。

お金で揉める事はまずない。

おかげで仲良く暮らせる事になった。

むしろ出前など全部出した。

ご飯はたくさん奢った。

ただストレスと感じる事はちょくちょくあった。

 

・僕が帰宅した時に女の子を勝手に入れ込んで2人とも全裸で寝ていること。

・僕が買ってまだ卸してない新品の服を勝手に着ていくこと。

・まだやってないゲームを勝手に全クリしていること。

・疲れて帰ってきたのに、DJの練習、ギターの練習をしていてウルサイこと。

・友達呼んで宴会していること。

 

と言ってもこんなもんだと思う。

ただあげたものが全部悪い訳ではない。

いい面もある。

朝にギターでオリジナルソング「朝勃ち」を歌ってくれたのは少し和んだ。

ゲームを勝手に全クリしてくれてやる手間が省けた。

服も慣らしみたいなモノだと思う。

ただロンドンへワーホリに行った時に俺のデニム、Tシャツを持っていたのはちょっと癪に触る。

文句を言ったら

「ロンドンの風をたっぷり浴びせてきたよ!」

とか意味がわからない。

ただ人と一緒に暮らすのはけっこうストレスになると思う。

僕が金銭的余裕があったから楽しめただけかもしれない。

あと、あまり家にいなかったというモノも大きかった。

あと、僕の菅野美穂のヌード写真集をバイト先の先輩の誕生日にあげたのはまだ根に持っている。

 

 

鶴の恩返し

そんなAは数年前に恩返しをしたいと言ってきた。

Aは今は中目黒で美容師をやっている。

給料も100万は超えていると言っていたので、人気はあるんだと思う。

僕は驚かない。

Aは何かやらかしてくれると一緒に住んでいた頃から思っていたし、結果を出すタイプだと思っていたので。

僕の誕生日にナイキIDという、オリジナルの靴を作れるもので、僕のと嫁との2つ郵送してくれた。

半年前ぐらいには

「旅行したい!旅行を恩返しする!」

箱根温泉をご馳走してくれた。

f:id:ty0513:20170326154825j:image

 f:id:ty0513:20170326155453j:image

 

恩返しにあってみると

とても嬉しい!

よく数千円、数万円で友人との縁を切るという話を耳にする。

お金は大事だと思う。

けど、お金だけでは得られないものも沢山あると思う。

お金に少しの余裕が出来たら人の為に使う事オススメする。

僕が1年という短い期間で、Aにした事に対して、Aは一生の恩人という勲章をくれた。

1人の友人の一生の恩人ってなかなかなろうにもなれないものだと思う。

多少の金持ちならその辺にゴロゴロといるけど、Aの一生の恩人は僕たった1人だけだ。

もし、今後の人生で僕がつまづいたり、クソ貧乏になったりした時に真っ先に助けてくれると思う。

ただ恩を売っても忘れているか、いい思い出程度に留めておいた方がいい。

僕の場合は気にもかけてなかった。

恩を売って損得勘定を持ち出すと

「あんなことまでしてやったのにあいつ!」

と愚痴る。

人として滅茶苦茶ちっさくみえるから。

だから、恩を売った事は忘れた方がいい。

金銭に少しの余裕が出来たのなら、友人、もしくは近くの人から助けてみることをオススメする。

勿論返ってこない事も沢山ある。

裏切られる人もおると思う。

けど、その時はその人がその程度の人だと思えばいいし、そのお金がなくて生きられない訳ではないから気にしないでいい。

ただ恩返しは物凄く嬉しいことです。