貞子の孫

雑記。思ったこと。経験したこと。良かったもの。

MENU

第二の人生に向けて/パン屋開業スクール/マツコ会議

第二の人生を始めよう!て最近多いですね。

セカンドライフだったりと言いかたは違いますけど。

 

 

 

リライブドウアカデミー 

パン屋さん開業を目指す人が通うパンスクール。

仕事をしながら1年通い300時間の授業を受けて開業を目指す。

学費は150万円。

パン屋って滅茶苦茶重労働なイメージがあるのにパン屋選ぶって素直に凄いなー!って思いました。

最近ではオートメーション化が進んでパンを焼くだけの所までやってくれるマシーンもあるみたいなのでそれは助かりますね。

生地を作っておいてくれて、あとは焼くだけー!てけっこういいですね。

その分自由な時間も出来てありがたいと思います。

味などに拘りのあるパン職人の方からしたらやっぱり邪道と思うのでしょうか?

それでもパンを1から作っているという売り文句で他との差別化は出来るので問題はないと思います。

番組に出演していたバスドライバーの52歳男性の方が

「ゆったりとした時間を老後は過ごしたい。」

て言っていたのを聞いて、はじめは

(パン屋さんて重労働だから絶対に無理でしょ!)

と思っていましたが、オートメーション化が進んでいるのなら確かに頷けますね。 

 

開業資金も1000万円

開業資金は1000万円ぐらいかかるらしいです。

もっと拘ったら高くなるんでしょうけど。

せっかくやるならオシャレにしたいですよね。

最近新しく出来るパン屋さんって内装が凄いオシャレね所が多いですね。

 

ところで元取るのに何年かかるんだろう?

1つの単価が250円として、考えてみたら4万個売って売上が1000万。

 パン屋の平均利益率が7.3%らしいので。

うん。

お金じゃないよね。きっと。

全国のパン屋さんの平均所得は320万円です。

 

去年のパン屋さんデータが

新設数1111軒。

廃業数1282軒。

うん。お金じゃないよね。

夢がありますね。

 

パン屋さんに転職

パン屋さんも経験者じゃないと雇ってくれないところが多いらしいので、アカデミーで習ってからパン屋に転職する方もいるそうです。

パン屋さんってそういう技術がいるの初めて知りました。

レジはアルバイトの子で中でパン焼く人はそういう知識、技術がいるんですね。

 

セカンドライフに思うこと

凄くいいなーって思いました。

1人番組に出ていたシングルマザーの方は子供がもう数年でみんな成人するので、それを機にパン屋さんをやるそうです。

素敵な生き方だな。て思います。

子供を育てる為にお金は必要だから仕事はしないといけないと思うんですが、子供が自立した後も自分の人生は続く訳ですから。

今度は子供の為じゃなく、自分の為に生きるセカンドライフが待っているわけですね。

どんな人でもそうだと思います。

サラリーマンの方でも定年した後も20年は人生が残っていると考えると好きな事を見つけて自分の為に生きることは凄い素敵な事だと思う。

悩んでいる方も多いと思います。

定年して年金生活だけじゃなく何かしたいって人はたくさんいると思う。

そういう悩める人の見本となってくれるといいですね。

うちの親もセカンドライフが始まる年齢です。

今まで生活のため、子供のためとしてきた仕事だと思います。

今後自分のための人生ですから、思いっきり楽しいものにしてもらいたいものですね。

やっぱり人生はセカンドからじゃなくてもファーストから自分の好きなことして生きている人はいいですね。

まだ見つかってないという方は、今の世の中だとモノが多すぎて選ぶに選べないのかもしれません。

あれもこれも手を出してしまいどれも中途半端になってしまうことも。

 

 

www.syacyokike.net

 過去に僕はこんな記事を書きました。

やりたいことを見つけるって凄く難しいと思うし、見つけた人はとても幸せだと思います。

それっていっちゃえば自分の人生を見つけたようなモノですもんね。

早く自分も見つけてみたいですね。

簡単に見つかる人もいれば、人生かけて見つからない人もいるだろうし、好きなのかわからないままの人もいれば、嫌いではないという人もいると思うんです。

ましてや、セカンドライフ目前で見つけた人もいるわけで。

すぐにではなく、いろんなことを経験してやっと見つける人もいるんですよね。

そう考えると運命的なものを感じてしまいます。

ただセカンドライフで楽しい人生を送って頂きドンドンとそういうようなやりたいことをしていく生活を送っててくれる人が増えればなんだか世の中が幸せになりそうで面白い!