貞子の孫

雑記。思ったこと。経験したこと。良かったもの。

MENU

【起業したい人】起業したいならブラック企業で学べ

なんで?

わざわざイバラの道を選ぶのか?

 f:id:ty0513:20170308222905p:image

 

 

起業したい

起業したいのからブラック企業で学ぶといい。

何故ならホワイト企業では学ぶ事が出来ない事もブラック企業では学ぶことが出来る。

起業したばかりの労働は必ずといっていい程に労働基準法を守ろうなんてことは出来ない。

よほどのコネや取引先があれば別。

何故?ブラック企業なのか?

 

ホワイト企業

ホワイト企業は働くにはとてもいい環境です。

働く人の為の環境を整えているということは、仕事を細分化してる事です。

沢山の部署に沢山の専門社員がいるわけです。

欠員が出た時にはカバーが出来て、会社に影響が出ないような仕組みになっています。

誰もが安心して休める環境が整っています。

代わりが利くようになっているんですね。

簡単に言ってしまえば、同じ部署の方なら誰でも出来る仕事という事です。

この事はとてもいいようですが、もし会社を起こそうと思った時には誰でも代わりが利くような仕事ぶりではとてもじゃないが出来ません。

あと、労働基準法に基づいての労働は全く役にたちません。

ホワイト企業労働基準法もしっかりしていますが、それは資本があるから出来る事であって、資本が殆んどない起業したての人が労働基準法を守ります。

なんて甘い事を言っていて、ご飯が食べれるほど世の中甘くはないんです。

結果を出す為には必ず何かを犠牲にしなければなりません。

その犠牲になるものが最初は時間になると思います。

サラリーマンと同じ働きをして、サラリーマン以上に稼げるなんてことは最初は皆無と思って下さい。

 ホワイト企業の同僚や上司は常識人ばかり。

当たり前なんですが、真面目系クズの方などはいると思いますが、ホワイト企業というだけで人気の職場です。

その職場に勤める為に沢山の努力をしてきた人達だらけです。

ということは真面目な人が多いし、多くの関門をクリアしてきた人です。

今後起業し、扱う人材を考えてみて下さい。

多くの関門をクリアして苦労した人が出来たての会社に入ってきてくれると思いますか?

答えはノーです。

学歴のある人材との関わり方を学んだ所で役にはたちません。

もしそういう人が来た所で起業したての会社では戦力になりません。

何故なら賢いからです。

賢すぎて、あれは違う、これは違う、労働時間が…。

などの知識が仕事に対しての邪魔をします。

 

ブラック企業に何故?

ブラック企業では扱う人材に対してのマニュアルがしっかり決まってません。

そこで多くを学ぶ事が出来ます。

自分の力にもなります。

知識より経験です。

起業したいのなら人を扱うという事を学ばなければなりません。

マニュアルで人を扱えるというのは会社の基盤がしっかりしていて福利厚生などもしっかりしていて、会社の信用があって、資本もしっかりして、やっとマニュアルが役にたちます。

マニュアルなんかに頼らずに人との関わり方、扱い方などを学ぶ事が出来ます。

労働時間も無視したような働き方をさせられるでしょう。

勿論、仕事を細分化する程の人もいないので、色々な業務を押し付けられます。

営業で勤めたのに、帰社すると、事務仕事をさせられたりなど、余っている時間に仕事を押し付けられます。

考えてみて下さい。

起業して最初は1人だから、そんなことは自分がやって当たり前なんですよ。

全ての業務をやって当たり前。

ブラック企業でもまだ人がいるだけでマシですよ。

自分で起業した時に、会社自体に信用がないわけですから、その信用を作る為に最初は全く利益にならない仕事を請け負う事もあると思います。

もしくは、12時間以上毎日土日も無しに働いて給料がマイナスなんてこともあると思います。

労働に対しての報酬が満足に得られないことなんて当たり前にあります。

ブラックでも給料が貰えることが当たり前になっている人からしてみたら何の為に働いているのだろう?

と起業したてはなる可能性もあります。

ブラック企業でもたくさんを得る事のできる場所とそうでない場所があると思います。

ブラック企業で何も得られないと思えることはまずは給与です。

給与が生活出来ないレベルだと起業どころか何も考える出来ることが出来なくなってしまいます。

起業にも多少自己資金は必要になってきます。

貯めれないのはとても痛いことです。

労働時間よりも給与が一番のネックです。

 

人を雇う責任

まず起業したあとに人を雇うと思います。

即戦力と呼べるような方はまず来ないので、1から業務を教えて仕事を出来るようにしないといけません。

この時に雇った人が当たり前に出来る人と思っては駄目です。

自分の普通と人の普通は全くもって違います。

ブログで例えてみると

「子育てについて」書いてと頼んだとした時に

 

私は子育てが初めてで、赤ちゃんが

おぎゃーおぎゃーおぎゃー!と泣くので

私まで、わーわーわーわー!となってしまい

そしたら赤ちゃんがまた

おぎゃーおぎゃーおぎゃー!と泣くので

私はまたわーわーわーわー!と

なりました。もうパニックです。

おしまい。

 

極端ですがこれぐらい出来ないと思った方がいいです。

人には期待しない方がいいです。

その理由はこの前書きました。

 

www.syacyokike.net

 と出来なくて当たり前と思った方がいいです。

出来なくても勿論給与は払わないといけません。

会社に利益を1円も上げてないとしても払わないといけません。

その雇った人がもし3年間利益を上げれないとしても払わなければなりません。

それが責任です。

出来ない人を出来る人にするという責任もあります。

それは会社の為でもあるし、社員のためでもあります。

その人がスキルを身につけ、会社に利益をもたらせてくれるまで自分でなんとかしなければなりません。

もちろん社員は会社のことを考えてくれることはありません。

社員からしたら会社がどうなろうが関係ありません。

給与さえ払ってもらえて、有給消化できて、定時に上がれて、昇級があればと自分のこと以外は興味ありません。

なので会社が大変な時に

「お前は会社のこと何も考えてないのか?!」

と叫んでも社員に届くことはありません。

むしろ転職先を探すぐらいでしょう。

残酷に感じられるかもしれませんがそんなものです。

自分がサラリーマンの時を思い出してみれば、会社のことなど考えたことありましたか?

ないと思います。

あったとしてもそれを強要することはやめた方がいいです。

そういうことも、ブラック企業の方が学べます。

ブラック起業に勤めている人で会社を好きな人はいないと思います。

ホワイト企業ですと好きかどうかは別として

「うちの会社はいいよ。」

なんて飲みの席で出るかもしれません。

ブラック企業に勤めている人はまず言う事はありません。

 

 

何がいいたいの?

結果何がいいたいの?って話ですが。

まとめます。

起業したては

1、ホワイト企業に入れるような優秀な人材はほとんど来ない。

2、ブラック企業のように我武者羅に働く。

3、人を雇うなら責任をとる。

4、労働時間という概念を無くす。

5、ブラック企業のようにたくさんの仕事を自分でしなければならない。

 

と起業をオススメしているのか、してないのか。

やりたいことが決まっていて、目標と情熱があり、他人の人生を背負う覚悟があり、人の為に頭を下げれて、面倒見のいい人になら簡単だと思います。

ただ人を雇わずに自分の力のみで出来るならその方がストレスなく簡単だと思います。

今では人を雇わずにクラウドソーシングで簡単に外注が出来るので1人で起業しても楽しいかもしれませんね。

店舗経営は人は必須だと思います。

どういう会社にしたいかでそれは決まると思うので自分に合った起業をしましょう。