読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社長だけど聞いてください

雑記。思ったこと。経験したこと。良かったもの。

MENU

先生を間違えて「お母さん」と呼んでしまった時の対処法

よくありませんでしたか?

授業中などに、先生を「お母さん!」と呼んでしまったこと。

 


 

お母さんと呼んでしまった時の対処法

f:id:ty0513:20170218171912p:image

 

まず、何故「お母さん」と呼んでしまった時に恥ずかしいと思ってしまうのか?

それはあなたがみんなを笑わせる為に発言した訳ではないからです。

笑わせる為の発言でしたら、恥ずかしがることなく

(やったー。ウケたー!)

と喜べるはずです。何故喜べないかというとそれはあなたが【笑われてるから】です。

笑わせたはあなたが仕掛け人ですが、笑われたはあなたが被害者になってしまいます。

そのせいで恥ずかしいという気持ちが湧いてきてしまうんですね。

 

お母さんの「お」で気付いた場合

危険度:☆

「お」で気付いた場合は対処法がたくさんあります。

「お」の着く言葉で1番最初に思い付いた1番自然な言葉を発することで誰にも疑われることなく回避することが出来ます。

候補

《おにぎり、おう!、オカマ、オリエンタル、オリジナル、おなら、おしっこ、おかまいなくぅ、沖縄、狼、オーディオ、大阪、親知らず、オクラ、オリエンタルラジオのあっちゃん、オアシス、王様、王子、オクラホマ州、オーキッド、o型、お歳暮、お中元、おはよう、オーマイガー!、オーケストラ、お釈迦様、お弁当、オッケー牧場…。etc》

クラスの中でのイメージ別候補

誰でも使える

・おはよう→ギリギリ午前11時まではいけるかな?

・おしっこ→必ずトイレに行かなければならないというタイムロスが生じるが使えます。

・おかまいなくぅ→会話の流れとしてで不自然で無ければ大丈夫。ただその後のフォローも必要となるので少し会話力が必要となる。

お調子者

・おっぱい→お調子者なら急に何を言いだしてもクラスのみんなは受けとめてくれるので大丈夫です。下ネタを許されるのも調子者ならではの役得である。

・お歳暮→あえてお調子者がお歳暮と言うことで普段はおちゃらけてるのにお歳暮のことを考えているなんて常識人。とクラスの度肝を抜いてやろう。

真面目な人

・オーケストラ→真面目な子はイメージが壊れるのはよくない。クラスが乱れた時の意見の影響力の事を考えると基本はボケない方が身の為である。

大人しい人

・親知らず→あ!この子普段から大人しいのは親知らずに悩まされて痛くて話せなかったんだ。とクラス団結時のテンションを上げろ!という強制から逃れることが出来る。

デブキャラ

・おまんじゅう→デブキャラの子は基本食べ物なら何でも許されてしまう。なので言い間違えなどのレパートリーは誰よりも多いので安心して下さい。

 

 

お母さんの「おか」で気付いた場合

危険度:☆☆☆

「おか」は危険度が跳ね上がります。マジでおわったー。と思ったあなた。安心して下さい。まだ間に合います。少し素人にはハードルが高く感じるかもしれませんがまだ見捨てませんよ。

「お」の時よりも少しテクニックを必要としますが、大丈夫です。

反復練習をすることで脳で理解するのではなく体に刻むのです。

候補

《丘、おかあげ、丘浅次郎、お買い上げ、おかえり、おかか、おかかえ、岡崎市、陸(おか)サーファー、お頭、お菓子、おかずetc》

クラスのイメージ別候補

誰でも使える

おかしい→急に名探偵コナンのような名推理をしなきゃいけないかとそうではない。おかしい。世の中の全ての常識人を疑ってかかれ!という深い意味も持つ。

おかえり→タイミングが必要である。誰か席を離れて戻るまでの刹那のタイミングで言わなければならない。正直使いこなすまでは相当量の鍛錬が必要である。

お調子者

陸サーファー→お調子者はサーフィンはしないがサーフィン用語を覚えよう。陸サーファーとはそういうことである。陸サーファーなんだ。俺。と突然の暴露もいいだろう。お調子者なら大体許されるもの。

真面目な人

丘浅次郎→静岡生まれの動物学者である。この誰も知らないこと知っている。さすがだな。という地位。真面目な人は人物名を覚えれば大体の修羅場は超えられると見ている。

大人しい人

岡崎市→愛知県の中部辺りにある都市である。ただこの市をボソっと言ってしまった限りは身分を偽装しないといけない運命になる。岡崎市出身など。過去を変えてしまうしかない。祖父母の家が岡崎市というのも有りだが長期休暇の時に岡崎市に行くしか無くなってしまう。

デブキャラ

お頭→もう身だけじゃ足りない!頭ごと食いたい!本当に役得が大きい。デブキャラは食べ物さえ言っておけば正解なところが助けられている。

 

 

お母さんの「おかあ」で気付いた場合

危険度:☆☆☆☆☆

はい。もうおわりに近いです。万事休すでございます。ここまで言ってしまったあなたは絶望でしょう。もう吐いた唾は戻せません。

あなたのお喋りな口を恨むしかありません。ただ1つ残された言葉があります。

候補

丘浅次郎

ここまで来てしまった場合は

丘浅次郎先生に頼るか、勢い任せでお母さんと呼ぶかです。

あなたはどちらを選びますか?

先生か?お母さんか?

デッドオアアライブ。

 

お母さんの「おかあさ」で気付いた場合

危険度:MAX

もう観念して下さい。あなたの負けです。

もう一度言います。

あなたの負けです。

あとは語尾に「ん」以外は想像出来ません。日本人全てが気付いてしまっているのです。

あなたの負け。

 

お母さんの「おかあさん」で気付いた場合

危険度:インフィニティ

あなたはどこで気付いているんですか?

あなたが気付く前に周りが気付いていますよ。

あなたが気付いた時には笑われてますよ?

後悔しても仕方ありません。

もう2度と同じ失敗をしないように気をつけるだけです。

学習するのです。先生はお母さんじゃないと。

お母さんはお母さん。

先生は先生です。

 

お母さんの「おかあさん」で肉を切らせて骨を断つ

危険度:死者蘇生

もう呼んでしまい開き直るしかないのです。

時間とは時に残酷なものです。

あなたの物語は一度おわってしまいました。その後のお話。

 「おかあさん!じゃなくて先生!」

これです。ただ笑われてしまっている状態なので

「じゃなくて…」

という部分が誰にも伝わってない可能性があります。

ここで役立つ物が音楽の時間で習った技術。

デクレッシェンド、クレッシェンドです。

(だんだん弱く、だんだん強くです。)

まず「おかあさん!」この部分にデクレッシェンドを持ち入ります。

おかあさんの「さん」は消えるほど弱めていいです。

「じゃなくて」をだんだんと強めていって下さい!

ここでポイントが「先生のせに」アクセントを入れちゃいましょう!

徐々に気持ちも乗せていきましょう!

クラス全体を巻き込む気持ちでー熱く!熱く!熱く!

はい。完璧です。

 

実はあったチート技

「おかあさん」と全てを言ってしまったあなたへ。

あなたはおかあさんの向こう側を見たことありますか?

向こう側の景色見たくないですか?

向こう側へと通ずる言葉

おかあさんと呼んでしまい先生がいつも通りの

「先生はお母さんじゃありませんよ。」

という返しを待つのです。

待った後にこう言うのです。

「いえ。あなたはおかあさんです。クラスのみんなあなたのこと本当の母親のように思い慕って生きてます。だからそんな寂しいことを言わないでください。おかあさん。」

純粋無垢な愛だけが広がる世界。