貞子の孫

雑記。思ったこと。経験したこと。良かったもの。

MENU

男には自分の時間が必要である。

サボりのススメ

本日私は社長という身でありながら仕事をサボることにしました。

サボるという言い方には語弊があるかもしれない。自分という仕事を探しにいくということである。いや!インプットを高める!

 

そしていい記事を書く!(などといいこの記事を書いている。しかもこの後日記風になる。素人の日記は全く需要がない。誰の得にもならない。誰の為にもならない。そして収益に全く繋がらない。意味のない戯言であって世の中に必要とされていない。だが書く!笑)

 

妻にはいつも通りに、「いってきます」と言い家を出て社員には「大事な打ち合わせがある」と言った。

そして私は家を出てニヤニヤが止まらなかった。なんだろう?この開放感!不倫するわけでもないのに罪悪感と開放感の間の感情は!

自分と向き合うという今日のテーマに胸を踊らす!

まさにスタンドバイミー状態。

ルールを決めた。

 

1.極力スマホはいじらない。

2.極力お金は使わない。

3.自転車で行動する。

 

そうです!何かを得ようとしてるくせに何も犠牲を払わないというクソヤローです。

ただ自転車を漕ぐ足は止まらない。残念なことに今日の名古屋は小雪!!

こんな時に!

そして、どっかの公園でのんびり読書しようと思い持ってきた本3冊が肩に刺さる!

なんでやねーん!こんな天気で外で読めたもんじゃない!

自分の判断力と情報収集力の無さをここで知る。

後悔しても仕方ないから自転車を進める。

今回行く場所はヴィレッジヴァンガードの一号店。本店だ。

中途半端なサブカルがあり、何も買わないが何か暇を潰せるといういい店だ。

中途半端な僕には適している場所だ。

f:id:ty0513:20170211155947j:image

いりなか駅に着く。ここは安藤美姫浅田真央などが通った中京大中京高校がある駅。

ここで道端のJKに道を聞く。土曜日なのに制服のJKは確実に部活という厳しい世界で育ってきたので丁寧なはずだ!

今回スマホをあまりいじらないとルールを決めたので分からない道は人に聞く!

僕「すいません。ヴィレバンってどっちにありますか?」

あからさまに眉間にシワを寄せているJK2人組。

JK「あっち!」

僕「ありがとうございました。」

うん。JK嫌い!

僕はJKが指を指した僕から見て右斜め前に向けて自転車を漕いだ。きっとJKは(さっきのオッさん超キモい!)と帰り道での話題に困らなくなっただろう。俺いいことしたな。

f:id:ty0513:20170211160842j:image

そして八事駅に着く。

ここは女優の伊東美咲が結婚してから住んでるという街だ。

ここで3人組の男子大学生に道を聞く。

僕「ごめんねー。ヴィレバンってどうやって行けばいいのー?」

さっき変に下手に出過ぎて失敗したので今回はフランクにいくことに。

大学生「このまま道なりに真っ直ぐ行ってもらってサークルKのある交差点を左に曲がってもらって真っ直ぐに行くと右手にありますよー!」

僕「ありがとうございます!」

 

丁寧に答えてくれた。嬉しくなって会社の経費で焼肉奢ってあげたくなった!さっきのJKとは違い丁寧過ぎて最後敬語になってしまった。

幾多の困難を乗り越えて僕は今

f:id:ty0513:20170211161535j:image

f:id:ty0513:20170211161539j:image

ヴィレバンにいる。

ただ本当に何も買わなかった。そして対して時間も潰せなかった。

30分たって僕は出社した。

行きはヴィレバンという目的があったが帰りにはない。

f:id:ty0513:20170211174855j:image

この帰りの道中に張り紙が

「女性のスケベエステ」

に見えてしまった。もう心が荒んでやがる!

この何もない帰り道は人生でいうと定年後なのかもしれない。幾多の困難を乗り越えてやっと目的を達成した人間は今後どんな人生を歩めばいいのだろう?と少し哲学的な事を挟んで見るもののただ自転車を漕いでるオッさん。

 

 ただこの孤独こそが男を強くするのである。孤独な男こそ強い。頭の中で色んな事を考えるが全てゴミだ。

 今まさに孤独に耐えきれず出社しようとしている男だ。

何食わぬ顔で出社し、社員には打ち合わせ終わったから!といつも通りの業務をする。

そして帰宅だ。

妻の「おかえり。」と子供の笑顔に癒される。

男の孤独に耐えれない僕は半人前だ。

 

まとめ

今回の自分探しで得たもの。

自分の情報収集力の無さ

孤独に耐えれないタイプ

コミュ力の活かし方

JKには話しかけちゃダメ!

大学生は優しい

本を持ち歩くなら一冊

男1人で暇つぶしは難しい

妻はJKより優しい

 男は1人になりたいが、1人では生きていけない。