読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社長だけど聞いてください

雑記。思ったこと。経験したこと。良かったもの。

MENU

新宿スワン2/公開のついでに今のスカウトの現状

<

 

p>先日待ちに待った新宿スワン2の公開しましたね。

新宿スワン2を見て、あー!スカウトマンになりてー!と思う方もいると思いますが、オススメはしません。

 

スカウトの現状

スカウトマンの羽振りが良かったのは10年以上前の話です。今も昔も変わらず一部で稼いでる方はまだ稼いでいます。

繁華街を歩く方はわかっていると思いますがここ数年で激減しましたよね。スカウトマンをしたいという人が減ったのもありますが、彼らは今どこにいるでしょう?

それはインターネットのSNSの中に場所を変えているんですね。見かけたことないですか?夜のお仕事興味ありませんか?というプロフィールなどを。ですが、スカウトを通さずとも今はインターネットでキャバクラなどに自分で行く方が増えています。なので必ず通さないといけない訳でも無くなっています。

たくさんの情報を持ち、条件などの交渉もしてくれるので通すことによって女の子のバック料金が高くなることもあるので、スカウトマンを倒して入店した時は女の子自身に有利になることもあります。絶対に無くならない仕事ではあります。

 

何故スカウトは無くならないのか?

ナイトビジネスの中での繋がりがあるからです。ホストの方達のお客様が仕事を探している場合は少しでも多く稼いで貰いたい為にスカウトマンを通すことがよくあります。実はホストさんの紹介はけっこうお店側からするとポイントが高いんですね。それはホストさんの為に死力を尽くし働きまくるからです。なのでホストさんとスカウトマンの間にはwin-winが生まれる訳なので仕事として無くなることはないんですね。有名なホストさんほど優遇される場合もあります。

スカウトマンからすると〇〇さんからの紹介なら安心して紹介出来る!と自信を持ってお店側との交渉が出来る訳なんです。

 ただホストさんの中にも顔が広い方がいるので直接お店側と交渉してスカウトマンが貰うはずのマージンを直接ホストさんが貰うパターンもあります。

 

出稼ぎにはスカウトは有利 

ただ女の子が地方に出稼ぎに行く場合は多くの方がスカウトを通すことがあります。出稼ぎとは出張みたいなものですね。地方の店舗に女の子が稼ぎに行きます。男性の方は目にしたことがあるも思いますがプレミア嬢的なヤツですね。多くの場合はそのパターンが多いんですね。

 

スカウトは地域性が強い

本当にスカウト文化が馴染んでいる所と馴染んでない所が全国の繁華街で全然違います。今もまだ熱い所は札幌とも聞きます。ススキノはスカウトマンがリッチな生活を出来ていると聞きます。

 

まとめ

本気でやりたい方は自己責任で!決してスカウトマンになろう!という記事ではありません。でも漫画と映画はとても面白いです。