読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社長だけど聞いてください

雑記。思ったこと。経験したこと。良かったもの。

MENU

宝くじ3億円当選した/億男#ネタバレ注意・お金が欲しい人は読んだ方がいい

 

 

お金は好きですか?

 

はい。すきです。

 

と答える方が多いと思います。

なのに、お金のことを好きだけどお金のことを知らない人が多いと思います。一万円札の大きさを知ってますか?

 

縦76ミリ、横160ミリ。

一万円札と一円玉って同じ重さの1グラム。

って知ってましたか

 

本当に好きならばお金のことを知ろうとします。大きさ、重さ、色など。

毎日触っているお金のことを知ろうともせずに好きというのは、本当に好きなんだろうか?

いいえ。あなたはお金に興味がないんです。

 

好きな人のことは食べ物など何が好きで嫌いか知ろうとする。

 

よく知りもしない人を好きになりますか?

 

お金について考えさせられる本です。

当選した場合みなさんならどうしますか?

仕事辞めますか?どうしますか?

お金のことに考えさせられる本です。

 

あらすじ

借金を背負うことになり、仕事を掛け持ちしながら返済をしている主人公。たまたま出会ったおばさんに宝くじを一枚もらう。その宝くじが当たってしまう。人生一発逆転だ!てなって、久々に連絡を入れたのな大学の時代の親友。親友に相談しにいくことに。その親友は大学卒業後に起業し大金持ちになっていました。親友に言われるんです。3億という現金を生で見た方がいい!と主人公は勧められて全額おろして友人の家に遊びに行きます。三億円の重さが主人公にズッシリときます。

パーティだ!と親友はパーティを開きその次の日に当選金と親友が消えてしまって親友とお金を探すことになるんです。

親友と会社を興した人達に会い、大学卒業後の親友はどんな人間だったのか?と知っていくことになります。

親友を信じれるかってのと、お金さえあれば離婚した妻とやり直せると思ってた主人公。

お金に惑わされた、親友と会社を興した人達。 

主人公は三億円を手に入れて妻とよりを戻して娘と3人仲良く暮らすことが出来るのか?

 

思ったこと 

僕は3億円当選したとしてもたぶん仕事は辞めないというか自分の会社だから潰すことはしない!確実に。

お金で幸せは買うことは出来ないと思うけど、お金で自由を手に入れることは出来る。好きなことをする自由。嫌なことをしないでいい自由。

一億円以上の当選確率って年間500人以上もいることに驚愕した。意外にもいるんだなー。

この10年で5000人もいるということは、全くもって特別ではない訳なんですね。当選するということは。

もしかしたら、自分の周りにも一億以上当てた人がいるかも知れませんね。

僕はこの本でお金に興味が持てました。大きさ、重さなど初めて知りました。

お金について考えて、お金について知る本です。