貞子の孫

雑記。思ったこと。経験したこと。良かったもの。

MENU

真面目に頑張るだけじゃ報われないこともある。

頑張るだけでは駄目なこともある

ただ頑張っているだけ、真面目にやってるだけでは報われない?意外に多いと思います。

中学校の時に真面目に勉強ばっかしてた子が社会人になり社畜だー。」と嘆いている。

 

中学生の時DQN(ヤンキーも含む)が自分で会社やってたり。ただただ真面目にやっても報われることは少なくなってきたのかも知れない。いじめてた奴が出世してて、いじめられた人は未だに引きこもりだったりもする。どんな生き方をしてきても結局答えを出すのは自分な訳なんですね。

いじめられても気にせずに生きていたり、それをバネにしたり、と自分の気持ち次第であって逃げ腰では何にも始まらないんですね。僕も小学生の時にいじめられてました。いじめの被害者からするとお前は対したことされてねーからそんなこといえるんだろ?と思うと思います。けっこうひどめじゃないかな?って思います。クラス崩壊して担任の先生が耐えれないといって1ヶ月で辞めてしまい、すぐに臨時の先生がきてくれたぐらい荒れてました。リーダー格の男の子はサッカーしにいって帰ってこないんですよ。給食まで。もちろん誘われてないです。その男の子のずるい所はうちの両親と仲いいんですね。共通の習い事があったんでそこですこぶる笑顔なわけですよ。僕からしたら、唯一の見方がとられた気分ですよ。なんかなー?って感じでした。

ただ中学生になると、逆転します。逆転するというか自分自身でさせました。反抗期だったんで。その時に、あ!このままじゃいけねーなって中学生ながら気付いたんですね。俺は俺であいつはあいつだ!しかも元々いじめられてたから、特に失うモノもなかったんですね。だって友達いねーもん。今思うと友達いない人がハブにされる心配ってする必要がない。元々1人だから。そこから僕は開きなおりまくってやったんですね。むかつくことには素直にそいつに言いまくったし喧嘩もしました。余裕で勝てました。周りも中学生になると、あれ?あいつ大したことなくね?って化けの皮がはがれる訳ですよ。おかげで今で言うスクールカーストですか?余裕で上の方になる訳です。ただね、いじめてた本人はしたの方というかパシリ的なポジションまで落ちてしまうんですね。

時に世の中は残酷なのです。

 

 あざとさ

時には『あざとさとノリの良さ』が求められる。僕が中学生の時の話のように時には僕は強引にいくんですね。人間決断したら早いものであとは動くだけなんですね。

仕事の付き合いなどで行くキャバクラなどでもわかると思います。20代の女性があんなに、あざとく生きている。彼女達はお金を稼ぐため、他の子に負けたくないため、あざとく生きるしかないのです。負けたら居心地悪くなるし、何より稼ぎたい!という気持ちでしょう。

 

真面目にやることより、目標に向かって最短距離、最前を尽くすことが必要になるんですね。たまにキャバクラに滅茶苦茶はまる人いるけどなんで?よく聞くのが、あいつ俺に気があるんだよ。ってんな訳ないじゃん。相手は接客業なんだから、そもそも嫌われる訂で席につかないでしょ?そんな居心地の悪い接客しないでしょ?あなたに気持ちよく過ごしてもらえるように、気持ちいい接客するのがセオリーでしょ?いい歳までいってなんの努力もせんと夜の女性にモテ出すとかマジでないんで勘違いはやめましょう。大体若い子は若い子同士よろしくやってますよ。たまにおじさん好きの子がいるけど、その子が席についてあなたに恋するのは宝くじの当選確率ぐらいの数字だからね。

 

 

要領よく生きる

僕は要領がいい方かも知れない。

懐かしいスーパーファミコンドラゴンクエスト3をやってた時だ。僕には兄がいるのだが、冒険の書1に兄、冒険の書2に僕。僕は途中で飽きてしまった。レベルも25とかだった気がする。

そして兄がいない間に兄の冒険の書1でダーマ神殿で主人公の名前を自分に変えて、冒険の書2に上書きしてレベルを少し上げてクリアした。

ごめんな兄ちゃん!ゾーマぶっ倒してやったぜ!いじめられる理由がこの辺にあったのかもしれない。

ただ翌日ばれて何故か殴られた!冒険の書2は無くなってた。しんりゅう倒したかったよ。

兄のように真面目にやってきても僕のように糞ヤローから横取りされてしまうことある。

まだドラクエならいいものも、(良くない人もいるかも。)これが仕事だと残酷だよね。

年功序列が残ってる企業なんて評価されるのって結局は直属の上司だったりする訳ですよ。日本企業のまだ色濃く残ってそうだけど。どれだけ使えない上司でも、むかつく上司でも、好きでも嫌いでも、どんな人であろうと上司を出世させるか、辞めさせるかしないとポジションが空かない訳ですよね。まあ出世したくないって方もいると思うけど、歳くうごとに偉くなってなんもしなくなっていくって不安にならないのかな?結局はスキル的なモノは求められずに歳をとったから中間管理職っていう人が多い気がする。うちの取引先にもいます。僕より全然年上の方でしたが、名刺見ると名前の上に中途半端な管理職です的な名前が書いてあって話や説明も下手くそで全然お話にならなかったんですね。だから、若くて元気な子に担当変えてくれって失礼ないように、まるで腫れ物に触れるように 気遣って変えてもらいました。

社員を雇う身としては長く勤めてくれるのは本当にありがたいのはわかる気がします。今のご時世に長く働いてくれる人ってすごい重宝したくなります。ただうちの会社は入社する人に実力主義とちゃんと言ってます。力あって実力のある人が自然と勝ち上がる訳ですよ。結局の所は貪欲な奴ほどいい結果出すわけですね。

 

真面目の方向性で変わる

上にあげた勉強を頑張っていた人、DQNの例だと。勉強を真面目に頑張ってたって勉強に重点がいってしまっている訳で、勉強の先に何があるのか?いい会社に勤めることなのか?独立する為の勉強なのか?で大分違う。

DQNは働き出して大企業は無理だと思うけど、中小企業で独立を目標に頑張っているならまだ可能性がある訳だ。全く何も考えてないのなら真面目くんもDQNも関係ないのだけど。 

何に対してもただ真面目に取り組むだけでは無理だと思う。あざとさなどはビジネスで必ず必要になる。

 

自分で考えてやるのか?人に言われてやってる真面目なのか?全然得られるものが違うと思います。強制された真面目って言われた範囲内のことしかしないから。自分で考えての真面目は結局は自分のルールの中でやる訳なんです。自分に厳しくしなきゃいけなくなる訳で、けっこう辛いんですよ。真面目にやるって言っても。全ての責任が自分に来る訳ですから。

 

ただブログはマジでコツコツということを思い知らされる。でも、目標は大事だと思う。

コツコツと読者数をつけていくのか?

バズって一気にアクセス数あげるのか?

どっちにしろ結果収益に繋がらないといけない訳です。収益に興味ない人っているのかな?みんなお金欲しくてやってるはず!

どんなやり方でも結果出した人が正解な訳ですね。

正解出したいです。だから苦手な記事とかもたくさん書きます。下手くそでも、苦手でも、面白くなくても、つまらなくても、クソ記事でも僕はあざとく書きたいです。これからも頑張って更新しよう。