貞子の孫

雑記。思ったこと。経験したこと。良かったもの。

MENU

現役社長がストレスフリーについて考察する

経済的自由を得てストレスフリーに!

 f:id:ty0513:20170110111422j:image

て、よくSNSで目にする。

マジか!いいな!て思います。

ただ経済的自由を手に入れても、ストレスは無くならない。

 

金銭的なストレスは無くなるかも知れないが精神的なものは生きている限りついてくると思う。

 

だってそうでしょ?金持ちがみんな全員悩みなくストレスなく暮らしてるとは限らない。

ストレスって年代によってドンドン変わっていっていつまでも付き纏うものでしょ?

20代は仕事や恋愛に悩んだりして、30代でもそういう人もいれば、家庭をもってこれからを考える人もいて、40代になれば仕事上の悩みも尽きないだろうし、家庭では子供が非行にはしってしまったり、妻に愛想尽かされたり、50代では両親の介護があったり、60代ではウチの父のように勤めてた会社から退職金が出なかったりと、絶対に何かしらの悩み、ストレスがあると思う。

お金を手に入れたからってそんな簡単にストレスフリーにはならない。起きた出来事に対しての自分の考え方や捉え方を変えていかない限りは物事に対していつまでもネガティブになってしまって「ストレスだー!」とか言い出す。

大事なのは自分の考え方と捉え方。悲観的な人はいつまでも悲観的に捉えるし、楽観的な人は楽観的に捉える。

悩んでいる暇があるなら寝ろ!てよく恩師に言われました。

悩むって物事をドンドン複雑化していくことで、考えるということは物事を単純化していくことだって。

悩んでも仕方ないから、知恵を絞って考える習慣が大事

世の中どんだけでも人はいるわけだし、何億人と先人の人々がいるわけで、その人達はとっくにその道を通っている訳だから。

 人間って1日に何千、何万と考えるように脳がなっているんです。てことは悩みが全くないという人でも結果悩みを自分で作ってしまう。暇な時間があればあるほど悩みが出来てくるのかも知れない。

まだ使ってもない皿の心配をするな!

この言葉好き。まだ使ってもない皿に対して、あー、洗わないと!とか、割れたらどうしようとか心配をしても無駄ということ。

そう。先のことは誰もわからないし、まだ起きてもないことの心配をする必要もない。

だから、目の前のことに集中するってこと。

人生楽しみたいなら、あー明日仕事だー。最悪ー。て思っている暇があるなら目の前のことを楽しんだ方がいいってこと。

考える時は考えて、楽しむことは楽しむ!!

だって時間は有効だから!

旅行に行って、素晴らしい景色見ているとき、美味しいご飯食べているときに、あー。将来どうしようとか悩んでいたら、全く楽しめないし、台無し!

目の前で起きている物事に対して純粋に受けとめることがストレスフリーの近道だと思うし、楽しい人生になると思う。