読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社長だけど聞いてください

雑記。思ったこと。経験したこと。良かったもの。

MENU

マジで貧乏を脱出する10カ条。子育て世代新生児〜2歳児編。主婦必見!お金が欲しい人!

たくさんの収入があることが一番いいんですがそうは言ってられない方。

 

 

1.市、県が無料で開く会に参加する。

なんだかんだであっちこっちでやっている。わざわざ有料の所に行く必要はない。無料で大体の情報は得ることが出来る。わからないことがあるなら市役所に行く。

2.子供のおもちゃは買うな。貰え!

子供の成長は早い!成長の段階で毎回オモチャを買っているとドンドンと買う物が減る。早くに産んだ友達から貰うなり借りるなりする。周りにいないならアプリで探す。無料で譲るというものとかもある。むしろ子供は遊びの天才だから何かを与えなくても自分で見つけて楽しむ!小石でも、小枝でも、土でも楽しむ!

3.子供の服も買うな。貰え!

これも一緒!買っても買っても足りなくなるし、1年経つとほとんど着れなくなることもある。成長が早いからすぐに着れなくなるものにお金をかけるのは勿体無い。消耗品だと割り切って無茶安いものか、貰えるものなど、リサイクル商品でもしっかり洗えば使える!大丈夫。自分の子なら裸でも可愛い!

4.SNSに投稿するな!

SNSに我が子は可愛いと投稿してしまうと、他の人の子供の情報も入る。そうすると、勝手に心の中で自分の子供と比べたり、憧れたり、しようとする。そうなると、うちの子もこの服似合うんじゃないのか?とかいらん欲が出る。我が子は可愛い!それでいいじゃないか!

5.子供の昼寝中に稼げ!

旦那の収入に頼りっぱなし、育児休暇中で貯金を切り崩してるいると、自然と不安が過ぎる。しかも、心が乱れると子供、旦那に八つ当たりしたくなる。そんなことなら、クラウドソーシングでちょびっとでも稼ぐ!

 

www.syacyokike.net

 

6.あると便利に騙されるな!

初めての子育てだと、あると便利に騙される。買っても意外に使わなかったなんてものはたくさんある。最近出た便利な物は無くても子育ては出来る。自分が大人になってる。自分の両親が大人になってる。祖父母が大人になっている。そんなものは無くても子育ては出来る。

7.ママ友を作るな!

距離の近すぎるママ友と作るな。ということ。ママ友は暇があるとカフェ、ランチなどに誘われる。ママ友とある程度の距離感などで有用な情報交換が出来るならその距離のままいる。最新の子育て施設や子連れに便利な場所へ連れて行かれるとお金がかかる。あると便利という物をやたらと勧めてこられる。生活の余裕のある人は気にも止めず、「これ買いなよー」とか平気で勧めてくるので要注意。

8.旅行に行くな!

小さい子供を連れ回しても、楽しいのは親だけだ。子供も喜んでいるというが子供は大人になる頃には忘れている。旅行に行くならもっと大きくなってからじゃないと子供の記憶にすら残らない。あと、お土産を買わないといけない。むしろお土産の為に旅行にいってんじゃないのか?みたくなる。なら行かないで、お土産も貰わないに越したことはない。

9.離乳食は作れ!

もう作る!お菓子など便利な物に頼ると子供はお菓子の美味しさに気付いてお菓子ばっか食うようになる。離乳食はまとめて作って冷凍しておくことで毎回毎食作るということをしなくてもよくなる。売っているものもあるが毎食

10.買う場所を決めろ!

薬局などのハシゴやスーパーのハシゴで一円単位の為に移動するなら買う場所を決めておいた方が時間もお金も得することが多い。買う場所でポイントが付くなら合計でポイント分得している場合もある。時間も15分ぐらい空くならそこでクラウドソーシングのバイトして携帯で1分ぐらいで記事を書けば移動分の時間をそこにあてればその分得したことになる。

 

おわりに

持論での節約方法です。ただこれを実行したからお金持ちになれる訳でも、幸せな家庭になる訳でもありません。少しだけお金に余裕が出来るといったものです。その余裕が出来たお金で何をするか、何を得るかあなた次第です。