貞子の孫

雑記。思ったこと。経験したこと。良かったもの。

MENU

コンセプトカフェ3。決してメイド喫茶ではない。

まだまだあるよ。コンセプトカフェ

第三弾になるんですが。今までの経緯。

 

 

www.syacyokike.net

 

 

www.syacyokike.net

 

今回も色々と吐き捨てますようーっと。

 

僕は妖精さん

僕は店にいないので買い出し、営業中に無くなったものなどは僕が行きます。その時にお店の電話にかけるんですが、お客さんが誰からっていらんこと聞いてくるんですね。

その時キャストは夢が冷めないように僕のことを妖精と呼びます。なのでお客さんは僕が実質的経営者とは知らずにおわってしまいました。誰の目にも触れずおわる虚しさ

 

誕生日はシャンパンタワー

キャバクラじゃねーよ!お客さんがキャストの誕生日祝いにシャンパンタワーをしたいとのこと。そりゃしてください!もうたくさんしてください!こちらは儲け時です!

 

「え?タワー持ち込みですか?」

「え?シャンパンも持ち込みですか?」

すいません。。お客様。1円もうちに入ってこないし、キャストにも何の得もないんですが?

もちろん断りましたよ。もう何のためかわかんないし。誰も喜ばないシャンパンタワーは聞いたことがない。シャンパンはウチの店で卸してもらいましたよー。頼みますよ。お客様!

キャストはもちろん架空の誕生日で、思いっきり平日ですが!稼がせてくださいよー!

ほんと頼みますよ!

 

キャストはリア充のお客様が苦手

まずうちのキャスト達はリア充に弱い。こういうお店をやってると冷やかしや興味本位で大学生のリア充グループが来たりする。その時カメラで見てるとあたかもみんな忙しいですよー!的な動きに変わりキャストみんなが着きたがらない。もうね、あからさますぎ!で泣く泣く着いたキャストが営業後に、一緒に働いてて着かなかった子を悪口三昧!!もうね。お客様選ばないで!接客業の基本でしょ?

でたまに本当に一言も喋らないお客様がくる時があるんですが、そんな時だけ強気!

コンセプトカフェやメイド喫茶行く人はあえて喋らず行けばキャストがウザいぐらい喋りかけてくれると思いますよ。

 

カフェアートをしたがる

オープンしたての頃にカフェアート売りにしたいから、エスプレッソマシーンが欲しいと言われる。もうね、元々出来ると思うじゃないですか?前の店で習ってて出来ると思って高いエスプレッソマシーン買うんすよ!10何万かの?もちろん出来ねーんす!ミルクを泡立てる機能ついてるのに出来ないんすよ!うちのキャストは練習しないんですよ。ちょっとやって出来ないと諦めるんです。諦めの達人なんですわ!

おかげで滅茶苦茶うまいホットコーヒーが出るコンセプトカフェになったんですよ!物凄い注文少ないんだけどね。

うちの人気商品はドクターペッパーですよ。

 

私も妖精をやりたい

ちょっと勤めるとある程度人気がないことに気付くキャストが出てくるんですよ。決まって妖精したいとか、男装したいとか、コスプレしたいとか現実からやたらと目をそらす。おい!勘違いするなよ!中身変えなきゃ人気でねーよ!ニコニコしれ!もう笑いまくれや!そういうキャストに限って接客レベルが低い上にTwitterで自撮り、ポエム、病みツイートが多い。その誰の心にも響かない西野カナ的なポエム考える暇あったら接客中に笑っててください。

 

オタクレベルで決まるカースト制度

アニメの話についていけないと何故か下に見られる。よく「あー。あの子はファッションオタクだから!」あの子の情報、意見は参考にしない方がいいと言われる。いやいやある程度の知識は接客時に必要だけど人間性は違うじゃん!おいおい!オタクほど信用される訳じゃないぞ!むしろ、詳しいより、勤務態度の方がクソ大事!!そんなカースト制度知らねーよ!

 

もっともっとおかしいこととかあったんですが、なかなか思い出せない。脳が嫌な記憶として判別して脳から消そうとしてるかも知れません。